[continue] をクリックすると "つづき" を、画像をクリックすると "アップロードしたサイズの画像" を 見られます。 増設サイトもよろしく。
ブログトップ
筑紫森 - 秋田県秋田市
f0137955_23315519.jpg
2009-07-11 筑紫森登山口 by T30
登山口より20m程か、短い区間ドロめいていますが、うまく避ければ大丈夫

距離が短く、歩きはじめ足が慣れないうちにでも、すぐ頂上に着くのはいいのですが、
急斜面道なこともあり下りで膝にくる可能性があります




f0137955_23323012.jpg
筑紫森を、アプローチ地点より イラストのような形には見えない^_^;

f0137955_23333578.jpg
森への入口が、手前分岐 ここは上り目線で左の手前表参道へ行くのが一般的でしょう
帰りはこの目線では右の手前裏参道から下りてきます

f0137955_23344356.jpg
登り上げると、踊り場分岐 上り目線で左が頂上方面ですぐに案内板があり、
頂上直下分岐さらにメイン分岐となります
この踊り場分岐は、さきほどの手前分岐へ通じているので、復路利用してみます
(手前からこのピークへ上って、左が頂上方面、真っ直ぐ下りるのが手前裏参道です)

f0137955_23404675.jpg
踊り場の案内板と分岐 右への頂上直下裏参道へは現在通行止ですので、真っ直ぐ行きます
すぐ先にはメイン分岐があります

f0137955_23444989.jpg
寄り過ぎた構図ですが、メイン分岐です 真っ直ぐが頂上への直下表参道で、左が観音巡行路です
どっちへ行ってもいいですが、観音巡行路の頂上直下の斜面を「登りとするか、降りとするか」ということになります
早く着く方である 真っ直ぐ を行きましょうか

f0137955_23504481.jpg
メイン分岐以降は、岩々チックになってきます

f0137955_23512586.jpg
尾根が見えてきます 岩々も 横臥柱状節理岩になってきます

f0137955_23545468.jpg
尾根へ出ました 右を振り返ると見晴らし地点で、元祖登山口などの南方面が見えます

f0137955_235615.jpg
その南方の眺望

f0137955_23594633.jpg
先へ進行すると、天狗の油こぼし標柱

f0137955_005042.jpg
岩々ティック

f0137955_011635.jpg
岩々も佳境

f0137955_013663.jpg
すぐそこは祠のある頂上

f0137955_031840.jpg
頂上祠へ到着 <0:24>

f0137955_06684.jpg
となりの岩谷山などを、筑紫森頂上より

復路
f0137955_093218.jpg
観音巡行路で下山しますが、滑降しやすかったりなので、
往路の頂上直下表参道で下りるのもよいかもしれません

f0137955_0115417.jpg
千本垂木分岐の、右を向くとこの標識

f0137955_0124888.jpg
これが千本垂木(岩)だと思われます この先の千本垂木裏参道(頂上直下裏参道)は、現在通行止

f0137955_0134953.jpg
改めて千本垂木分岐へ戻して、左の観音巡行路

f0137955_0151413.jpg
これが、急斜面 鎖場 短い区間ではありますが、おおげさにいうと垂直に近いです

f0137955_0163484.jpg
迷いやすい箇所 この方向ですが、やや下を平行移動すると、観音巡行路佳境の絶景箇所となります

f0137955_018940.jpg


f0137955_0191168.jpg


f0137955_0193181.jpg


f0137955_0194531.jpg
メイン分岐が見えてきます

f0137955_0224479.jpg
案内板

f0137955_0235560.jpg
踊り場分岐で、下り目線で左の手前裏参道を行きますと、手前分岐へ出ますので、
そっちへ行ってみましょう
(下り目線で右が、さきほど上った手前表参道です)

f0137955_0253911.jpg
まもなく手前分岐

f0137955_026328.jpg
手前分岐です 下りてきた目線では、右がさっき行った手前表参道で、左が登山口なので、左へ

f0137955_0272033.jpg
開始地点の登山口へ帰還




= note =
・結構、内容充実してるかも
 コンパクトなお山ですが、迷わないようにご紹介と思うと30コマに^_^
 頂上からの観音巡行路は、これでも 迷うっちゃぁ迷うかも
・筑紫森自体の稜線がいい感じに見えないのがちょっと残念 手前の園地で撮影しそびれたし^_^;
・登山口へ下山するやいなや、秋田市よりの2人組の登山者と談話
 筑紫森に続いて岩谷山へも行きたいということで、同じ山行予定だ~^o^
 わたしは先に岩谷山へ行って、たまたまちょうど頂上から下を見ていたら、
 彼らのクルマがユフォーレへ…降りて、分かりにくい登山口を教えようと思いましたが、
 すでに遅し…帰っちゃったみたい^_^;

歩行概要
・登山口→手前分岐→手前表参道→踊り場分岐→直下分岐→メイン分岐→直下表参道→頂上
・頂上→観音巡行路→メイン分岐→直下分岐→踊り場分岐→手前裏参道→手前分岐→登山口

手前裏参道直下裏参道 は、踊り場ピークを挟んで、別の道です
※案内図にあるのは、直下裏参道で、手前裏参道は記されていません

※下部の手前分岐は、手前表参道と、手前裏表参道との分岐地点で、上部の踊り場分岐で合流します
※踊り場には、下部に踊り場分岐があり、上部に直下分岐さらにちょと上にメイン分岐があります

登山口までの砂利道路距離:なし



[PR]
by delari | 2009-07-17 00:41 | trekking 山歩き
<< 岩谷山 - 秋田県秋田市 白子森の登山口までの林道調査の... >>